hs2

今回は美人は海外へ出るために大統領許可がないといけないという、美人ばかりの国ベラルーシをご紹介します。

ベラルーシは、ヨーロッパ最後の独裁政権と言われている国でも有り、首相、大統領共に一人の人物が兼任している国です。

その大統領が、美女は国から出てはいけないという法規制をしてしまったが為に、ベラルーシ国内には美女が沢山います。そもそもこの法律は、海外へ出たベラルーシ女性が売春行為を共用されていたという事実から、国民を守るために施工された法律のようです。
ベラルーシ国内ではモデル業が盛んなようで、モデル養成学校的な専門学校も存在し、トップモデルとなると大統領の許可を取って海外で活躍も出来るようです。

ベラルーシに限らず、スラブ民族(ロシア、ベラルーシ、ウクライナ)の男女全般的に言いたいことはすべていう性格のようです。

どちらかと言うと、女性のほうが強いという話もあります。

日本人のように相手の顔色を見たり、相手に気を遣ったり相手に合わせようとする考えはないようで、また押しが非常に強いようです。
義理人情は持ち合わせていないとのことですので、すっきりさっぱりな感じでしょう。

だからこちらも遠慮しないで言いたいことはどんどん言わないとストレスが溜まる一方です。

ベラルーシという国自体が、日本人にとってはあまりメジャーな国ではないことでわかるように、日本人がベラルーシに入るためには、トランジット(乗り継ぎ)だとしても、ビザが必要となります。

観光客などで、国内を潤す考えは無さそうなので、日本人がベラルーシの女性と知り合う事自体が実は珍しい事かもしれませんが、ビザを申請すれば入国できますし、手続きを踏めば延長も出来るようなので、不可能ではありません。

行動力と時間があれば、ベラルーシへ足を運び観光客に汚されていない夢の白人金髪美女とお近づきになれるようです。

hs2

広告